日帰り手術

日帰り手術

日帰り手術について

従来、痔の手術は術後の痛みが強く、術後2週間ほどは術後出血の可能性があったため入院で行うことが普通でした。
しかし、できるだけ術後の痛みと出血の可能性を抑えることにより日帰り手術が可能になりました。
症状やご都合に合わせて手術方法を提案しますのでお気軽にご相談ください。
ただ、痛みや出血の可能性は完全になくすことは出来るわけではなく、術後も状態に応じた処置や投薬が必要なので、しばらくの通院加療は必要になります。

 

実績

当院における2015年12月までの症例数

手術数1  手術数-2  手術数-3 手術数-4

手術数-5  手術数-6  手術数-7

日帰り手術のメリット

① すべて院長が執刀
長年、痔に携わってきた院長が執刀いたします。

② 費用が軽減される
入院費が不要のため、医療費が軽減されます。従来に比べ2~5割ほど安くなります。

③ 身体・精神的な負担が軽い
術後は自宅で過ごせるので、入院手続きや準備が必要ありません。